• 大阪市天王寺区で活動する所属税理士 松本裕志が、日々気になること書き記すサイトです。

家賃支援給付金(コールセンターへの問い合わせ)

コールセンターへの問い合わせ

 7月14日(火)から申請受付が開始されましたが、申請に係る疑問点があったのでコールセンターへの問い合わせをしました。
 もし、同様の疑問をお持ちであれば、申請の参考にしていただければ幸いです。

賃料の一部が猶予されており、近日中に通常の賃料と猶予分の賃料を一括して支払う場合

【質問】
 弊社は、下記の条件で賃貸借契約を締結している。
 新型コロナウイルス感染症の影響により売上高が減少していることから令和2年5月分から月額1万円を猶予していただいており、月額9万円の賃料を支払っている。
 令和2年9月分より当初の10万円に賃料を戻した上で、猶予されていた賃料4万円(1万円×4カ月分)と併せて令和2年8月31日に支払うこととなった。
 支払わなければならない賃料は変わりないが、申請受付が開始され7月14日時点では、猶予された賃料月額9万円しか支払っていない。
 この場合、賃貸人と猶予に係る覚書を作成・添付すれば、令和2年9月分の賃料を支払う前であっても当初の賃料10万円を給付額の算定の基礎となる賃料とすることができますか?

(賃貸借契約)
目的物件の所在地:〇〇市××町1-1-1
契約期間    :2018年12月1日から2020年11月30日まで(2年間)
月額賃料    :10万円

【回答】
 ご質問のケースの場合、賃貸人と猶予に係る覚書があったとしても当初の賃料が支払われる令和2年8月31日までに申請をされたときは実際に支払われた賃料月額9万円が給付額の算定の基礎となる賃料となります
 なお、令和2年8月31日以降に申請をしていただければ当初の賃料10万円を給付額の算定の基礎となる賃料とすることができます

敷金から賃料を充当した場合

【質問】
 弊社は、下記の条件で賃貸借契約を締結している。
 新型コロナウイルス感染症の影響により売上高が減少していることから令和2年5月分から令和2年9月分までの賃料を敷金から充当することを賃貸人と取り交わし覚書を作成している。
 賃貸借契約締結時に支払った敷金から充当しているため、直前3か月間の賃料の支払い実績を証明する書類は、支払実績証明書を添付すればよろしいでしょうか?

(賃貸借契約)
目的物件の所在地:〇〇市××町1-1-1
契約期間    :2018年12月1日から2020年11月30日まで(2年間)
月額賃料    :10万円
敷金      :50万円

【回答】
 ご質問のケースの場合、直前3か月間の賃料の支払い実績を証明する書類は支払実績証明書を添付していただくことになりますが支払実績証明書は賃料を敷金から充当することを想定していないため審査の結果によっては別途確認を依頼する恐れがあります
 なお、家賃支援給付金は最低でも申請日から1か月以内にひつ月分は賃料を支払っていることが必要です本ケースの場合令和2年10月分の賃料を支払った後でないと申請をすることはできません


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA